(株)サンスタッフ 豊田自動織機エンジニアリング

エントリーする

プロジェクトストーリー プロジェクトストーリー

PROJECT STORY 米村 健一 PROJECT STORY 米村 健一

入社5年目にして、ビッグプロジェクトに参加!

豊田自動織機の共和技術センターに勤めて、はや10年。これまで、さまざまな自動車に取り付けるパーツ(例えば、フードやボンネット、ドアなど……)のプレス金型の設計を担当してきました。5年前には、技術者としての大きな転機にもなったプロジェクトに参加。これまで私の設計した金型は、鉄をプレスするためのものでしたが、ハイブリット車の台頭により、アルミに変更が求められたのです。

初めての素材に、四苦八苦

鉄とアルミの違いは、完成した自動車のドア1枚をとっても明確。鉄のドア1枚10kgに対し、アルミは5kgと軽量化を実現できます。今後、ハイブリット車の需要を考えると、重要な任務だと強く感じる一方、初めて扱う素材に苦戦を強いられました。まずは、鉄のプレス技術を応用しながら、頭の中でシミュレーション。さらに起こりうる問題を予測し、それらを3D CADで図面に起こしていくのですが、それがとにかく難しい……。来る日も来る日も、設計しては検証する、の繰り返しでした。

画像

チームで支え合い、約2か月で完成!

当時のプロジェクトは、私以外にも設計者、シミュレーション担当などの5名でチームを組んでいました。もちろん、中にはTJEの技術仲間もいて、隣に座る彼らのPC画面を見ながら雑談。そこからアイデアが生まれたり……、なんてこともしばしばありました。それぞれ担当している業務が違うので「素材を上から押さえるブロックをほかで兼用して、シリンダー装置の上に設置すると、スペースが節約できる」とか(笑)。通常は1か月で終える設計も、今回ばかりは2か月要しました。いま思うと大変な2か月間でしたが、仲間がいたから乗り越えることができました。

画像

美しいボディの影には、設計者の努力あり

私が担当するプレス金型の設計には、デザイナーが想い描くシルエットを、より忠実に再現する能力が求められます。またそれだけではなく、強度、作業のしやすさ……等々、さまざまな要望を1枚の設計図としてまとめあげる能力も不可欠。最近では、次々に新しいデザインが発表され、きれいなカーブを描く車体も数多く見られます。デザイナーの遊び心(?)で取り入れた、ボディの凹凸など、実は設計者泣かせだったりするのですが……。そこは腕の見せどころ。これからも、みんながほれぼれするような美しいボディをプレスできる設計者として、仕事に励んでいきたいです。

画像

お問い合わせ

資料請求